やり方・コツまでわかっちゃう目の下のたるみをとる方法まとめ

MENU

「最近、目の下がたるんできた」「もう目の下のたるみは治らないのかな・・」なんて悩んでいませんか?目の下のたるみをとるには、まずはその原因について知っておくことが大事です。


目の下のたるみは加齢だけが原因ではなかった



目の下のたるみの原因は??

寝不足

若い女性に多いのが「寝不足」。寝不足によって血行が悪くなってしまうことで、目の下に老廃物が溜まりやすくなり、たるみをつくります。寝不足はもちろん、「過労」でも同じことが言えます。仕事でPCを長時間眺めていたりすると目が疲れて血行が悪くなります。目の酷使は事務作業の方に多いです。




目の周りの筋力の低下

中年以降に多いのが「目の周りの筋力の低下」。筋力が低下すると皮膚が重みに耐えられなくなり、たるみをつくったり、筋力が少なくなることで脂肪がつきやすくなり、皮膚が伸びやすくなった結果、たるみをつくります。目の周りの筋力は年齢とともに低下します。




ハリ不足

ハリ不足も中年以降に多い原因です。ハリを保つ美容成分であるコラーゲンは、20代を境に減少すると言われていて、ハリが不足することでたるみに対抗できなくなります。皮膚のコラーゲン量は40歳を過ぎると急激に減り始めるというデータがあるので中年女性にとっては非常に深刻です。コラーゲンのほか、エラスチンやヒアルロン酸の減少もハリ不足の原因となります。




紫外線

年齢に関係なく注意したいのは紫外線。もともと、目の周りは皮膚がとても薄いのですが、紫外線を浴びる量が多いと周囲を守るために目の下に脂肪が蓄えられやすくなり、たるみをつくります。




猫背

少し意外かもしれませんが、猫背も目の下のたるみの原因となります。猫背=前傾姿勢になることで顔が自然と下を向き、顔の皮膚が重力によって下がってしまい、目の下にたるみができやすくなります。口元のたるみ、アゴ周りのたるみにもつながるので注意が必要です。一説によれば、猫背は日本人とモンゴル人しかならないものだそうです。世界の中で猫背に悩む60%が日本人だというデータもあるぐらい、誰しもが猫背になる可能性があります。







目の下のたるみをとるのに効果的な方法まとめ

お金をかけない方法


マッサージ


目の下のたるみをとる方法:マッサージ


目の下のたるみの原因が血行不良の場合、「マッサージ」を行うのがとても効果的です。まず最初に顔全体の血行を良くするために耳の裏側にあるリンパを指圧し、鎖骨に流しましょう。鎖骨にもリンパが集まっていますので、鎖骨に向かうときはさするようにマッサージしてみましょう。次に目頭から目尻に向かって目の下のたるみをマッサージしていきます。マッサージはお風呂あがりなど血行がいい状態で行うのがおすすめです。


続きを読む





表情筋トレーニング


目の下のたるみをとる方法:表情筋トレーニング


目の下のたるみの原因が顔の筋力の低下である場合、「表情筋エクササイズ&トレーニング」が効果的です。ウインクを使ったエクササイズ、眉を使ったエクササイズ、また瞬きトレーニングにピーストレーニング、様々なたるみ改善法があります。基本的には筋肉を動かすように意識することが大事です。エクササイズ、トレーニングをするときはクリームを使うことでお肌の摩擦を防げます。コツを紹介していきます。


続きを読む





蒸しタオル&スチームパック


目の下のたるみをとる方法:蒸しタオル&スチームパック


目の下のたるみの原因が寝不足の場合は「蒸しタオル」、ハリ不足の場合は「スチームパック」をおすすめします。蒸しタオルはレンジでチンするだけで簡単に作ることができ、眠る前に1分ほどのせてあげるだけで目元の血流を改善でき、たるみをとるだけでなく眠気も誘導でき、寝不足解消にもつながります。スチームパックは洗面器とバスタオルがあればできます。お肌の新陳代謝を促すことでハリ感を高めます。


続きを読む





睡眠誘導法


目の下のたるみをとる方法:睡眠誘導法


目の下のたるみの原因が寝不足である場合、単純に寝不足の改善のために「睡眠誘導法」を実践しましょう。睡眠は時間を長くとることよりも夜の間に6〜7時間ぐっすり眠れる、つまり、質の高い睡眠をとることが大事です。質の高い睡眠をとるためには夕食に消化の良いものを食べる、運動をして疲労を蓄積させる、寝る1〜2時間前にベッドに入る、ホットココアを飲む、朝起きた時に必ずカーテンを開ける、などの改善法が効果的です。


続きを読む





たるみ隠しメイク


目の下のたるみをとる方法:たるみ隠しメイク


目の下のたるみはとれるものですが、時間がかかることもあります。そういうときは一時的に「メイク」で隠しましょう。メイクで隠すときはまず最初にコンシーラーを塗るのですが、たるみの色が青色っぽい場合はオレンジ系、黒っぽい場合はベージュ系のコンシーラーを使います。コンシーラーの次にファンデーションを使いますが、ファンデーションは化学成分を多く含み、たるみの原因となることがあるので、100%ミネラルファンデーションのものを使うのがおすすめです。


続きを読む






少しお金をかける方法


日焼け止めクリーム


目の下のたるみをとる方法:日焼け止めクリーム


目の下のたるみは、時に紫外線を原因とします。紫外線を浴びることで目の下に脂肪が溜まりやすくなるのです。紫外線を対策するには「日焼け止めクリーム」を使いますが、夏場はSPF30〜50、PA++〜+++のものを使って確実に紫外線の吸収を防止しましょう。日焼け止めクリームは少量を内側から外側へ向かって塗るのが使い方のポイントとなります。冬場も少なからず紫外線は放出されているのでSPF15〜20、PA++程度のUVカット効果があるファンデーションを利用するのがおすすめです。紫外線対策は天候に関係なく行います。


続きを読む





保湿ケアの見直し


目の下のたるみをとる方法:保湿ケアの見直し


目の下のたるみの原因がハリ不足の場合は、「保湿ケア」を見直し&徹底する必要があります。保湿ケアでまず大事なのが保湿化粧品選び。保湿化粧品は水分量を高めるヒアルロン酸やヘパリン類似物質、プロテオグリカン、リピジュアが配合されたものを、また、油分を高めるためにアルガンオイルやホホバオイルなどの天然のオイル成分が配合されたものを選ぶといいです。保湿化粧品は基本的にお風呂あがりに使いますが、塗りすぎには注意が必要で、最初は少ない量でお顔全体に塗りこみ、最後に目元や口元に重ね付けしていきます。保湿ケアは朝晩の2回行うのが理想的です。


続きを読む





ヒルドイドクリーム


目の下のたるみをとる方法:ヒルドイドクリーム


目の下のたるみがハリ不足・乾燥である場合、保湿ケアを徹底することが大事になりますが、保湿化粧品でもお肌の保湿力が向上しない場合は、皮膚科で処方してもらえる「ヒルドイドクリーム」を使うのがおすすめです。ヒルドイドクリームはヘパリン類似物質を主成分としていて、保湿力が非常に高いと皮膚科医にも評価されています。保険適用のクリームなので、基本的には皮膚科で処方してもらうことになります。費用は1,500円前後と意外にお手頃です。


続きを読む





十分お金をかける方法


美顔ローラー


目の下のたるみをとる方法:美顔ローラー


目の下のたるみをとるのにとても便利な美容アイテムが「美顔ローラー」です。美顔ローラーはプラスチック製と金属製のものがありますが、金属製のものが圧倒的におすすめです。その中でも微弱電流でお肌の新陳代謝を促すマイクロカレント、リンパを刺激して血流を改善させるリンパドレナージュといった機能がついたものが目の下のたるみをとるのに非常に効果的です。美顔ローラーは内側から外側へ向かい、耳の裏側までコロコロすることで血流が改善されやすくなります。直接お肌に当てるものなのでメンテナンスもしっかりと行いましょう。


続きを読む





フェイシャルエステ


目の下のたるみをとる方法:フェイシャルエステ


目の下のたるみをとるにはマッサージをするのが効果的なのですが、自分ではなかなか上手にできなかったりします。そんなときに活用してもらいたいのが「フェイシャルエステ」です。フェイシャルエステの中でも、リンパマッサージ、フォトフェイシャル、EMS、高周波といったメニューが組み込まれているとたるみをとるにすごく効果的です。エステは近年、低価格競争が激しいので思っているよりもお手頃な価格で受けられます。


続きを読む





クリニック治療


目の下のたるみをとる方法:クリニック治療


目の下のたるみを最も手っ取り早くとるには「クリニック」での治療がおすすめです。脱脂術、ヒアルロン酸注入、レーザートーニング、ボトックス、フェザーリフト、ハムラ法といった治療が目の下のたるみをとるのに効果的です。医療機関ですので安心・安全であり、治療費はたしかに高い(数万円〜数十万円)ですが、治療法によっては1回の治療でたるみがとれるので苦労しません。術後しばらく腫れる可能性があったりするので、長期休暇の前に行うことをおすすめします。


続きを読む