やり方・コツまでわかっちゃう目の下のたるみをとる方法まとめ

MENU

目の下のたるみをとりたいけど自分でやるのは正直面倒臭い、でも、クリニック治療ほどお金をかける余裕はないと感じている方には「フェイシャルエステ」をおすすめします。昨今、エステ業界では低価格競争が起こっていて、すごくお得な価格でエステメニューを受けられるようになってきているので、まだエステに通ったことがないという方はぜひこの機会に一度体験されてみてはいかがでしょうか。一言でエステと言っても様々なメニュがありますが、目の下のたるみをとるのにおすすめのメニューがいくつかありますので、覚えておきましょう。





エステは各メニューがセットになっている

エステは様々なコースがセットで提供される


エステは施術を受けるときに、一つのメニューしか受けないというパターンは非常に少ないです。目の下のたるみが気になるのであれば、目の下のたるみをとるのに効果的なメニューをいくつか組み合わせて施術を行っていきます。ということは、それぞれのメニューでどのような効果に期待できるのかを覚えておけばいいわけです。目の下のたるみをとることを目的としたメニューの中で、特に効果的なものをいくつかまとめておきました。すべてのメニューがセットになっていればかなり効果的だと言えますが、2〜3個セットになっているのが理想的といえるでしょう。







目の下のたるみをとるエステのメニュー

リンパマッサージ


リンパマッサージは体中に張り巡らされているリンパ節をマッサージするメニューです。リンパ節をマッサージ&刺激してあげることによって血流をよくすることができるので、目の下に老廃物がたまらないようにして、たるみをとってくれます。単純にお肌の調子を高めるのにも効果的なので、あらゆるセットの中に取り込まれるメニューです。リンパマッサージは自分でも行うことができますが、プロのエステティシャンの方に行ってもらったほうがより効果的です。




フェイシャルパック


フェイシャルパックにも様々な種類があります。目の下のたるみに効果的なパックをご紹介します。「炭酸パック」は美容成分の吸収が格段に高めることができるのでハリ感アップに効果的です。「ホットタオルパック」は血行促進を目的としています。血行の改善を図ることによって、目の下の老廃物を排除してたるみをとり、さらには代謝を高めてたるみのできにくいお肌を作っていきます。「オイルパック」は植物オイル等を使ってお肌の保湿力を高めたり、オイルに含有されるビタミンEのパワーでアンチエイジングに拍車をかけます。




フォトフェイシャル


昨今のフォトフェイシャルの主流は、IPL(インテルスパルスライト)という光を使います。IPLを照射することでコラーゲンの生成を促すことができるので目の下のたるみを改善させるのに大きく役立ちます。また、たるみやシミ、そばかすなどを軽減させるのにも役立ちます。




EMS


EMS(Electric Muscle Stimulation)は微弱な電流を流すことによって筋肉を振動させ、筋肉を鍛えるというメニューです。筋肉を鍛えることによって目の下のたるみを引き締めます。たるみの原因が脂肪であれば、その脂肪の燃焼も促すことができます。筋肉運動によってハリ感や弾力を与えることもできます。




高周波


高周波の電極を流すことによって、皮膚の深部を発熱させて、温熱効果によってお肌の新陳代謝を促すメニューです。お肌の新陳代謝が促されるとリンパの流れがよくなって血行がよくなったり、脂肪の燃焼、皮膚を引き締めることができるので目の下のたるみをとるのに適したメニューです。“高周波○○”や“RF○○”“ラジオ○○”“サーマ○○”などとメニュー名が表現されることが多いです。