やり方・コツまでわかっちゃう目の下のたるみをとる方法まとめ

MENU

目の下のたるみをとるには色々な解消法が考えられるのですが、すぐにたるみがとれない場合もあります。そういうときはメイクで消す&目立たせなくするしかありません。メイクでたるみは確実に目立たせなくすることができるので、たるみを隠すコツをまとめてみました。ちょっとしたテクを利用するだけで簡単に目立たせなくできるのですぐに実践してみてください。





目の下のたるみを隠すメイク方法


1.まず最初に目の下にコンシーラーを塗る


洗顔後、化粧下地をつけてベースメイクがある程度完成したら、まず最初にコンシーラーを使って目の下のたるみを隠していきます。イメージとしては、目の下のたるみを影としてとらえて、その影を消すためにコンシーラーを使ってあげることになります。コンシーラーを塗るときは、こすらずにポンポンと優しく叩いてあげるようになじませるのが上手な使い方のコツとなります。



青色のクマはオレンジ系、黒色のクマはベージュ系コンシーラーを使うのがおすすめ



コンシーラーは選び方もすごく大事です。コンシーラーはニキビ対策やクマ対策、シミ対策に使ったりしますが、一般的にクマ対策・シミ対策として使っているコンシーラーを使うといいです。ニキビ対策に使うコンシーラーはニキビの色(赤色・茶色)に合わせて隠すためにイエロー系を使いますが、目の下のたるみの影は赤色or茶色っぽいっぽくはならないのでイエロー系は向いていません。影は青色や黒色っぽいくなることが多いので、コンシーラーのカラーは「青色に対してはオレンジ系」「黒色に対してはベージュ系もしくはオーラル系」を使ってあげるといいです。





2.コンシーラーの後にファンデーション


コンシーラーの使い方は人それぞれで、ファンデーションの前・後に使うパターンにわかれますが、目の下のたるみを隠すなら最初にコンシーラーを使って、そのあとにファンデーションを使ったほうが上手に隠せます。塗っておいたコンシーラーが落ちないように、優しくなじませてあげるのがファンデーションの使い方のコツとなります。そのためにも塗りこむ必要があるリキッドファンデではなく、パウダーファンデを選んであげるようにした方がいいです。



リキッドファンデーションよりもパウダーファンデーションがおすすめ



最近人気の100%ミネラルファンデーションのようなものを使えば、お肌に悪い成分がゼロですし、石鹸オフが可能だったりするのでお肌の負担にもなりにくく、目の下のたるみを今以上に加速させません。






メイクオフのときにもちょっとしたポイントが!


メイクをするわけですから、当然、メイクオフもしなければなりません。メイクを落とすときにはクレンジングを使うわけですが、例えば、クレンジングの使い方にしてもゴシゴシと洗ってしまうと血行が悪くなる原因となり、目の下にたるみをつくりやすくしてしまいますので、クレンジングはゴシゴシしたりせず、優しく円を描くように指の腹を使ってマッサージしながら洗ってあげるようにしましょう。乾燥もたるみの原因となりますので、オイルクレンジングでつっぱり感を感じるような場合は、ミルククレンジングやクリームクレンジングを使うといいです。乳液をコットンになじませるとたちまちクレンジング代わりになったりもするので、お肌の弱い方は必ずしもクレンジングを使う必要はありません。